食べる

三宝グループが米初進出「SANPOUTEI -GYOZA&RAMEN-」

豚骨ラーメンが主流のNYラーメン市場に「煮干し×しょうゆスープ」で挑む

豚骨ラーメンが主流のNYラーメン市場に「煮干し×しょうゆスープ」で挑む

  •  
  •  

 新潟の飲食チェーン「三宝グループ」が1月23日、ニューヨークのイーストビレッジに米国初のグループ店「SANPOUTEI -GYOZA&RAMEN-」(92 2nd Avenue)をオープンした。

「SANPOUTEI NIBOSHI SHOYU RAMEN」を看板商品として提供

 同グループは1967(昭和42)年4月の開業以来、ファミリーレストラン「レストラン三宝」やラーメン専門店「さんぽう亭/三宝亭」などを国内に47店舗を展開。

[広告]

 さらに2009(平成21)年からは海外へも店舗展開を行い、以来、シンガポールとカナダにフランチャイズを含む7店舗を展開。8店舗目の今回は初の米国出店となった。

 米国初出店となる同店では、煮干しベースのスープに店舗で手作りする自家製麺を合わせる「SANPOUTEI NIBOSHI SHOYU RAMEN」を看板商品として販売。豚骨ラーメンが大半を占めるニューヨークのラーメン市場に挑む。

 ドリンクメニューには新潟各地の酒蔵の日本酒やそれを使った酒カクテルを用意。ラーメンと新潟の酒の組み合わせも提案する。

 営業時間は12時~15時、17時~22時30分(金曜・土曜の夜営業は24時まで)。

Stay at Home