食べる 買う

“小さな新潟”を自宅にお届け「新潟うんめぇ土産箱」 鮮魚専門店が発売

10~12個の商品が入る「大」サイズ

10~12個の商品が入る「大」サイズ

  •  
  •  

 新潟市中央区万代島にある「万代島鮮魚センター」(新潟市中央区万代島2)が5月、宅配商品「新潟うんめぇ土産箱セット」を発売した。

 同店で普段から販売している新潟産の土産菓子・珍味・漬物などを詰め合わせたもので、今回のコロナ騒動で被害を受けているメーカー・卸売業者を支援することを目的に同店を経営する新潟中央水産市場が商品化した。

[広告]

 中に入る商品は、メーカー・卸売業者からの要望、販売実績、「新潟らしさ」の度合いなどを加味しながら一箱ごとに組み合わせが異なる、いわゆる「届いてからのお楽しみ」スタイル。ラインアップは11個前後の商品が入る「大」と7個前後が入る「小」の2種類。

 店長の渋木さんは「コロナウイルスの影響で大きなダメージを受けている取引業者の力になりたいとの思いで始めた。採算は度外視し、可能な限り安価でボリュームのある内容に仕上げている。家にいながら新潟の味を心ゆくまで楽しんでもらいたい」と話す。SNSでも反響があるという。「うれしい限り。メーカー・取引業者や消費者の皆さんためになっているという実感。やって良かった」と笑顔を浮かべる。

 価格は、大=5,000円(税抜)、小3,000円(税抜)。

Stay at Home