見る・遊ぶ

新潟市観光循環バスの運行ルート変更 ダイヤ改正で運行間隔も短縮

新潟市観光循環バス

新潟市観光循環バス

  •  
  •  

 新潟市は7月25日、市の補助事業である新潟市観光循環バスのコース変更とダイヤの大幅改正を行った。

新潟市観光循環バス乗り場付近の案内所

 今回の変更では、従来2コースあった、新潟駅前を起点とした白山公園先回りと朱鷺メッセ先回りの2コースから、白山公園先回りの1コースに統合。これまで70分間隔だった運行間隔を30分に短縮して利便性を高め、利用者増加を図る。

[広告]

 今回のコースの統合により、廃止となったバス亭は礎町、附属学校入口、新潟市美術館入口、北前船の時代館前、朱鷺メッセの5カ所。一方、護国神社入口、古町花街入口(古町8番町・新潟シティホテル前)、旧小澤家住宅入口のバス停3カ所が新設されている。

 バスの外装については当面現行のままで運行し、秋頃に変更を予定する。

  • はてなブックマークに追加